デリケートゾーンの洗いすぎが原因で黒ずんでしまう理由

デリケートゾーンの黒ずんでしまう理由は様々ありますが、その1つに「デリケートゾーンの洗いすぎ」があります。

 

肌が黒ずむ原因は摩擦刺激によるところが大きいです。

 

入浴のたびに念入りにデリケートゾーンを洗っていると、それだけで摩擦と刺激を与え続けることになります。また、ボディソープや石鹸などは、界面活性剤が配合されているものもあり、肌を乾燥させてしまいます。

肌が乾燥した状態で放置すると、新陳代謝が弱まりターンオーバーが乱れ、刺激や摩擦を受けて厚く黒くなった角質層が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わることもできなくなってしまうのです。

 

デリケートゾーンの肌は他の肌と比べても乾燥しやすいので、洗い過ぎには注意しなければいけません。

 

デリケートゾーンの洗浄にはボディソープや石鹸ではなく、デリケートゾーン専用のものを使うと、黒ずみや乾燥を防げます。

 

また、中には肌に潤いを与えてくれる成分が配合されているものもあるので、自分の肌の状態にあったものを選ぶと良いでしょう。

デリケートゾーンは弱酸性と弱アルカリ性の泡どちらで洗うべき?

デリケートゾーンは薄い粘膜でできています。

 

摩擦や強い成分などの刺激にとても敏感で、特に敏感肌ではない方でも荒れてしまったりトラブルを起こしやすい部位です。

 

しかし、汗やにおいの排泄もしているので清潔に保つことが重要な部位ですよね。

 

デリケートゾーンを洗うときにはボディーソープを使いますが、大きく分けて弱酸性と弱アルカリ性のものに分けられます。

 

人間の肌は弱酸性なので、その汚れを落としやすくするには反対の弱アルカリ性の方が、簡単にしっかりと取れるメリットがあります。

 

清潔さを保つ、スムーズに洗えるため強く洗いすぎないことで肌を守ることにもなります。

 

一方、弱酸性の泡は人間の肌と同じですのでなじみが良く、刺激が小さくて肌への負担が少ないことがメリットです。

 

デリケートゾーンを含め、人の肌には常在菌という菌が存在しています。

 

善玉菌もいるので、すべてを洗い流してしまうと肌の機能をコントロールする菌もいなくなり逆効果です。

 

弱酸性の泡の場合は洗い流し過ぎず清潔にしつつ、刺激を防いで肌本来の機能も維持できます。

 

なので、デリケートゾーンを洗うときは弱酸性の泡で優しく洗うのがことが大切です。

 

洗う時にはゴシゴシ擦るとことは避け、たっぷりの泡で優しく洗うようにしてください。

 

デリケートゾーン専用のソープは、女性の体や悩みに合わせて作られているので、毎日の入浴で安心して使用できます。

 

また、黒ずみ意外にもデリケートゾーン特有の悩み(臭いなど)を解消してくれる効果があります。

 

洗いすぎで黒ずみを悪化させないためにも、入浴の仕方を見直してみましょう。

 

入浴後、気になる黒ずみとニオイをケアしてくれるビアネージュ詳細はこちら>>